青空イベントでテクノロジーを遊ぶ!
未来のモノ・コトを体感してきました

子どもから大人まで楽しめる
最先端テクノロジーの祭典
「品テクマルシェ on the GREEN 2017」

5月27日(土)から28日(日)の2日間、品川シーズンテラスのイベント広場で「品テクマルシェ on the GREEN 2017」が開催されました。「品テクマルシェ」は、子どもでも気軽に最先端テクノロジーを体感して楽しんでもらうイベントとして2015年にスタート。

3回目を迎えた今年は、「遊ぶ・学ぶ・作る・買う」の4つの楽しみ方から20以上の最先端テクノロジーが集結。未来を体感する祭典を取材してきました。

【遊ぶ】未来の乗り物、大集合!
セグウェイでパトロール体験

未来の乗り物といえば“空飛ぶクルマ”を想像するかもしれませんが、今回紹介する次世代モビリティだって未来感は負けていません。

次世代モビリティとは、電動の二輪車や電動ミニカーなど、小型の電気自動車のこと。会場には体験コーナーが設けられ、「KINTONE」や「Ninebot mini Pro(写真左)」、「セグウェイ(写真右)」などの次世代モビリティの試乗会が開催されていました。近未来の乗り物とあって子どもから大人まで大人気。みんな夢中になって楽しんでいましたよ。

【学ぶ】楽器や写真、音楽など
エンターテイメントで社会問題に触れる

「世の中から関係ないという意識を無くしたい」をミッションに掲げるWORLD FESTIVAL Inc.。こちらのブースでは、映像・音楽・写真・アートなどの作品を通して、世界の社会問題を考えるきっかけを与え、一方で人が持つさまざま可能性を知ることができる、体験型ワークショップが開催されていました。

展示されていたのは、世界中の子どもの写真や食べ物×テクノロジーの楽器、誰でも音楽を奏でることのできるセッションブースなど、子どもたちの五感を広げるものばかり。

真剣になってDJ機器を操作
「“世界の広さ”を感じて欲しい」

たとえばDJブースでは、ふだん触れることのない機材を真剣な表情で操る女の子がいたり、小さな子がデジタル機器に触れながら夢中になって自分だけの音を奏でたり。

「子どものときにどんな経験をしたのかが大切。ささやかもしれないけれど、ここで体験したことが未来を考える上でのひとつの選択肢になってくれれば嬉しいですね」と語るWORLD FESTIVAL Inc.代表の近藤祐希さん。その思いは、子どもたちに届くのでしょうか?

【作る】真剣な顔ではんだづけ!
モノづくりにハマる子どもが続出

つくることが大好きなメイカー(ものづくりに挑戦する人)のためのマーケット「メイカーズフリーマーケット」をぶらぶらしていたら、はんだづけ体験のできるブースを発見!

はんだづけとは、熱で溶かしたはんだ(合金)によって金属を接合する技術のこと。ここMy Tech Labのブースでは、パーツを組み合わせて顔をデザインするキーホルダーや、LEDで光るブローチを作ることができます。はんだづけを初めて体験したある女の子は「もう一度挑戦したい!」とリピートするほどハマったようで、子どもにとってはインパクトのあるブースだったようです。

【買う】メイカーズフリーマーケット
自慢の部品やモノを売って、
欲しい商品をゲット!

「メイカーズフリーマーケット」には15団体が出店され、それぞれのユニークな製品に触れられるだけでなく、販売もされています。

写真は、オーディオアンプ作成キット。アンプとは、音質の調整や音量調整を行うことのできる機械のことで、このキットを使えば自分好みのデザインや機能にチューニングされたオリジナルアンプを作ることができるとのこと。ちょっと大人の遊びですね。

自転車シェアリング体験者に直撃!
はじめての電動自転車に
「使ってみたくなった」

エコなまちづくりをめざす自転車シェアリングもイベントに参加していました。そこで自転車シェアリングを体験しに来ていた、伊藤さん親子を取材!電動自転車初体験だった息子さんは「軽い力で漕いでも、早く進むから驚いた」と、その快適性に注目。

お母さんは「家のすぐそばにポートがあるので、活用してみようと思いました」と新しい発見をされたようです。お父さんも同じく「近くに使える場所があればぜひ試したい」とのこと。そのためにももっとポートをたくさん用意して欲しいというリクエストもしていました。

未来を先取り!
”歩くように走る”
ウォーキングバイシクルとは

最後に、将来的に自転車シェアリングへの導入が検討されているウォーキングバイシクルに試乗してみました。左右のペダルに足を乗せ、歩くように軽く踏むだけで“走っている”ようなスピードがでます。しかも電動だからとても楽ちん。

自転車よりも目線が高いため、たとえば海辺で走ると気持ち良さそうでした。また、スカートや着物、浴衣をお召しの方でも、これならば気軽に乗れるのも嬉しいポイントですね。

難しそうな最先端テクノロジーでも、実際に体験することで身近に感じられる品テクマルシェ。自転車もどのように進化していくのか。未来が楽しみです。

この記事をシェアする

さっそく、自転車シェアリングを使ってみる!

関連記事

最新記事